クラリネット・トランペットのセントラル楽器 HOME > Bbトランペット > アレクセイ・トカレフ 選定品YAMAHA YTR-9335CHS

YAMAHA YTR-9335CHS

アレクセイ・トカレフ 選定品
YAMAHA YTR-9335CHS

商品番号 YAMAHA_YTR-9335CHS_Tkarev

定価453,600円のところ
当店特別価格362,880円(税込)

[ 送料込 ]

こちらの商品の在庫はお問い合わせ下さい。



商品についてのお問い合わせ

選定者 アレクセイ・トカレフ元レニングラード交響楽団

1964年、レニングラード(現ロシア・サンクトペテルスブルグ)生まれ。レニングラード音楽院(現国立サンクトペテルスブルグ音楽院)で、ユーリ・ボリシャノフ教授、ベンヤミン・マルグーリン教授に師事。音楽院3年在学中にレニングラード交響楽団に入団し、1997年に主席奏者となり、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各国海外公演に参加。日本には、1991年、94年、97年に同オーケストラと来日。1999年11月オーケストラを退団し、以後日本に在住。現在、各地でリサイタルなどソロ活動の他、後進の指導に力を注いでいる。

■説明

細かなディテールと斬新なデザインが高次元で融合したアーティストモデル。
シカゴ交響楽団のジョン・ハグストロムをコンサルタントに迎えたXenoアーティストモデル。世界のトッププレイヤーの高度な音楽的要求を満たす斬新かつ理想的なデザイン。そして細かなディテールがハイレベルで融合したモデルです。楽器の特性を引き出し、理想の吹奏感を実現した銀メッキ仕上げ。

シカゴシリーズのコンサルタントは、シカゴ交響楽団(CSO)のジョン・ハグストロム。特徴的な主管抜差部の支柱の位置や第三抜差は、彼が世界のトップオーケストラで華々しい活躍を続ける中で生み出されたアイデアです。彼の音楽に対する深い情熱と愛情が、ヤマハの意欲的なプロジェクトを的確に導き、奏者の高度な音楽的要求に完全に応えるモデルが誕生しました。

●ベル

通常品に比べ肉厚が薄く、さらに先端に向かって徐々に肉厚を薄く加工した一枚取りのイエローブラスベル(直径123mm)を採用。瞬発力とパワーを兼ね備えたサウンドを実現しています。

●ベル縁輪部

ベルの縁輪部にはフレンチビードを採用し、奏者へのフィードバック増大を実現しています。 ※フレンチビード=真円の縁輪を入れてカーリングする一般的な工法に対し、かまぼこ型の縁輪を入れ、その形状に合わせてカーリングする非常に高度な工法


●吹込管

楽器全体のなかで非常に重要な部品のひとつである吹込管は、ヤマハ・コーポレーション・オブ・アメリカのR&D担当で、世界的にも著名な金管楽器開発のスペシャリスト、ボブ・マローンの設計に準拠。オープンな音色と快適な吹奏感を生み出しています。

●延座

ベルと吹込管をつなぐ延座は音の立ち上がりを向上させるために、幅の狭い形状を採用しています。


●サイドシーム

支柱や延べ座で振動を止める部分につなぎ目が来るサイドシームを採用。より開放的な振動を得ています。
※サイドシーム=ベルの下側につなぎ目が来る一般的な工法に対し、つなぎ目を横側(バルブケーシング側)にする工法

●ピストン

形状を吟味した新設計のピストンボタン、バルブキャップ、ボトムキャップやピストン軸が、柔軟な操作性を実現させています。


●第一抜差管

第一抜差には音の芯をフォーカスするために新設計の支柱を採用しています。


●第三抜差管

第三抜差のストッパーは通常品より長く抜ける位置に配置されているのでLow Fを正確な音程で出すことができます。また抜差の先端にある大きなボタンは演奏時の抵抗感を微調整しており、いままでにない快適な吹奏感を生み出しています。

■詳細

  • 調子:Bb
  • ボアサイズ:ML
  • ベル:イエローブラス一枚取り 直径123mm
  • 仕上:銀メッキ

■セット内容

  • カスタムGPマウスピース(TR-16C4GP)
  • ポリシングクロス
  • スライドグリス
  • バルブオイル
  • ハードケース
  • 取り扱い説明書
  • メーカー保証書(1年間)